【2017年最新版】三井住友銀行の手数料など解説と取り組むフィンテック最前線

   

三井住友銀行

三井住友銀行とは

都市銀行の三井住友、三菱東京UFJ、みずほの一つ。
日本を代表とする日本の銀行。

企業情報

2001年に住友系の住友銀行と三井系のさくら銀行が合併。
その後、現在の三井住友銀行です。

財閥系という意味では、三菱と比する存在とされている。

純利益が単体で4000億円を超える巨大企業。
純資産も5兆円を超えている。

総資産は115兆円。
従業員が単体で2万人を超えている。

日本を代表する大企業の一つ。

公式ツイッター


>>> ツイッター

公式フェイスブック


>>> フェイスブック

株価


引用 ヤフーファイナンス

三井住友銀行の株価は2012には底値となっています。
アベノミクスの効果もあり、近年は上昇しています。
時価総額も増えています。
日本で消えることがない銀行の一つと言っていいでしょう。

金融コード

銀行コード
0009

支店のコード

三井住友銀行の店番

全国銀行協会

銀行の加入している協会です。
もし、銀行の問題があれば全国銀行協会へ問い合わせることもできます。

>>> 全国銀行協会

サービス

三井住友銀行が行っているサービス。
実際に何が重要なのかチェックをしましょう!

手数料

各種手数料についてチェックできます。


振込手数料

ATM・CDの利用手数料

カード・通帳再発行手数料

カード・通帳再発行手数料

金利

ローン金利から円預金金利を三井住友銀行の詳細について知ることができる。

円預金金利


外貨預金金利


ローン金利


短期プライムレート

アプリ


三井住友銀行アプリ

ATM


ATM

コンビニ

コンビニによる引き出しを行う手数料がかかります。

今回はセブン銀行ATMのケースをご紹介。

お引き出し
平日
8:45~18:00 108円

土日及び時間外
それ以外の時間帯 216円

セディナのクレジットカード

セディナのカードで手数料が無料となります。

セディナカード

就職

大手企業である三井住友銀行へ就職をしたい人に向けて、優遇されているのか分かるようにしている。

企業年金基金

なんと言っても、高収益企業である三井住友銀行。
その潤沢な利益もあり、企業年金は比較的順調だと言われています。

三井住友銀行企業年金基金

インターン

三井住友フィナンシャルグループへ就職をしたい人にとってはチャンスとなるのがインターンです。
近年、人手不足とはいえ同時に企業は採用に慎重です。

そこで、正社員への採用を考えた時に重要なのがインターンとなります。

三井住友銀行インターン

総合職とビジネスキャリア職

ビジネスキャリア職
柔軟な働き方を実現しながら、支店での事務手続き接客業務、
法人営業部や本部担当者のサポート業務、
コンサルティング業務や外国為替業務と「プロ」として
幅広く高度な仕事にチャレンジできる職種です。

総合職
SMBCの幅広い業務分野において
先端で高度な金融知識を習得し、
スキルを磨き、お客さま・社会に対し最高・最適なソリューションを提供する
「プロフェッショナル」として活躍できる職種です。


リクルートページ

フィンテック

三井住友銀行はフィンテック導入を積極的にすすめています。
その中でも話題となっている技術についてご紹介!

社員食堂

NECの顔認証による技術で社員食堂で決済ができるサービスを実施開始しました。

これはまだ社内でのものですが、今後顔認証による決済ができるサービスが開始されるかもしれません。
海外では体内にチップを埋め込み決済することがあります。

しかし、抵抗がある人も多く別のアプローチだと思います。
取り組みとして期待ができます。

ニュースリリース

マネーフォワード

マネーフォワードと言えば、確定申告から経費計算までできます。
三井住友銀行との連携ができます。

これにより、簡単に整理ができます。
今後、銀行残高をクラウド管理する可能性があります。

マネーフォワード、三井住友銀行提供の参照系APIとの公式連携を開始

ワンクリック認証サービス

現在、銀行残高を盗まれることが多発しています。

そこで、セキュリティを高めるためのワンタイムパスワードというものを発行するようにしています。
しかし、これは電卓のようものを必要とするために面倒でした。

そこで、スマホアプリで三井住友銀行はできるようになりました。

ワンタイムパスワードサービス「One Time Pass」アプリ

IBM Watsonのコールセンター全席導入

コールセンターの効率化を展開。
例えば、内容をamivoiceでテキスト化するということでもあります。

今後、三井住友銀行への問い合わせは効率的になることを期待できます。

ワンタイムパスワードサービス「One Time Pass」アプリ

TKCモニタリング情報サービス

TKCとの連携で効率的な問題解決ができるようになります。

中小企業の経営課題をドンドンと解決ができるようになるのです。

 

ワンタイムパスワードサービス「One Time Pass」アプリ

 

 - 衣食住