確定申告が必要な人へのやり方 医療費控除、住宅ローン控除から必要書類を徹底解説

   

確定申告

確定申告って何だ

確定申告は高額所得者や本業以外の所得、個人事業主などが行う必要があるものです。
最近は、年金生活者も申告の必要があり確定申告を行うことを望む人が増えています。

制度

個人は1月1日から12月31日の期間内にある収入や支出などを税務署に申告する。
所得税額を確定することができます。
個人事業主、農業従事者、不動産賃貸業及び不動産譲渡の所得を申告しなければいけない。
さらに、最近は高額所得サラリーマンや副収入がある人も行う必要があります。

手順


> ホームページ

サラリーマンの方が申告することの手順を解説。

1)申告用紙を手に入れます
2)申告に必要な書類を確認します
3)申告書を作成します
4)申告書を提出します
5)所得税の納付還付

申告書を税務署で手に入れることができます。
その際に揃えておく必要がある書類があります。

所得の内訳書、医療費控除明細書、青色申告決算書、収支内訳書等

青色と白色


> ホームページ

白色申告と青色申告の大きな違い。
それは、白色は控除なし。
逆に青色は65万円程度の控除が受けられます。

基礎控除が38万円であることから合計103万円の控除を受けることできます。
逆に言えば、所得の103万円は課税されないということになります。

ただ、最近は白色も手間がかかるようになりましたが
青色は税理士などにお願いする必要もあり手間があります。

普通徴収と特別徴収


> ホームページ

普通徴収と特別徴収について個人用にご紹介。

この違いを世田谷区のホームページから引用をしてご紹介。

普通徴収
毎年2月16日から3月15日まで(土・日曜日にあたる時は翌月曜日)に税務署または区役所へ申告していただきます。ただし税務署へ確定申告書を提出した方は、区役所への申告は必要ありません。
納税通知書は6月10日頃、区役所からご本人あてに郵送いたします。
通知された税額を6月・8月・10月・翌年1月の4回に分けて納めていただきます。

特別徴収
勤務先から給与支払報告書が区役所へ提出されますので、一般的には申告の必要はありません。
(給与所得に係る住民税の納付については特別徴収が原則です。)
ただし、次のような方は確定申告をしなければなりません。
1.給与の収入が2,000万円を超える方
2.給与以外の所得が20万円を超える方
3.給与を2か所以上から受けている方で年末調整をされなかった方の給与の収入金額が20万円を超える方

国税庁ホームページ


> ホームページ
確定申告に関する国税庁の情報がすべて掲載をされています。
このことにより、人気の所得税についての情報。

確定申告書作成コーナー


> ホームページ
確定申告をWEBですることができます。
今やネットでの申告が当たり前となり、簡単にできます。

注目の控除

なんと言っても、控除の中で特に注目をされているものをご紹介。

住宅ローン控除


> ホームページ

不動産を購入し翌年1月から3月15日まで確定申告をしよう。
書類を揃えて申告をしましょう。

ただ、問題はサラリーマンの場合です。
その方法を次のサイトで詳細に紹介をしています。

> ホームページ

会社員の場合は年末調整で行うことができます。
したがって、副業で不動産投資をしていたりするような人以外は会社で行って貰うだけです。

よって、サラリーマンが自宅を購入した場合は心配は必要ありません。

医療控除


> ホームページ

明細を提出することになりました。
よって、領収書は保存をしておくだけということになりました。

これは大きな変化となっています。
今後の医療費控除は簡単になりました。

セルフメディケーション


> ホームページ

医療費控除は、年間10万円を超えた場合、超えた額が対象となりました。
そして、翌年度の住民税の負担が軽くなるというものです。

そして、セルフメディケーション税制は医療費控除の特例でOTC医薬品の購入額が1万2千円を来た場合に控除対象となります。
医療費高騰から自分で一般の医薬品でメンテナンスすることができます。
処方箋なしで購入をした薬品もすべて控除対象となります。
年間1万を超えるほどの医薬品を購入をしているというのはある程度の医療費抑制の効果もあると思われます。

気になるケース

最近はさまざまな確定を必要とする人が増えています。
必要な情報をご紹介。

ふるさと納税


> ホームページ

ふるさと納税による控除を利用して、返礼品を期待する人がいます。
こういった事情から確定申告をする人もいます。

その一方で、最近は控除が必要ではなくなっています。
詳細は、ふるさと納税のページをご覧ください。

>>> ふるさと納税解説

FX所得


> ホームページ

FXで損益があります。
損失も3年間の繰越ができるので、確定申告が必要です。

収益が上がった時だけではなく、しっかりと申告をしましょう。
株式のような会社側が行ってくれることがないので利益が出てもしっかりと申告しましょう。

年金生活者


> ホームページ
年金生活者にとっては、税金の確定申告をする必要があります。
国民健康保険や介護保険なども支払う必要があります。
高齢者になれば、お金が必要となります。
それで、実際にチェックをしないといけません。

マイナンバー


> ホームページ
すでに税金や社会保障について管理することができるようなったのがマイナンバー。
紐付いて、あらゆることを管理できる時代に入りました。

MFクラウド


> ホームページ

年8800円で確定申告が簡単にできます。
無料もありますが、大体の個人事業主の場合はべシックプランが一番でしょう。

もし、面倒ならオンラインで行ってみることができます。

TATERU


> ホームページ

今やTATERUのようにウェブサービスを提供するということが増えています。
今までは、税理士を全員に提供するのはコストから考えると高かった。

しかし、このようにサービス提供できる時代の到来をしたと思います。

 

 - 衣食住

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。