【最新版】ジャパネット銀行 ATMや振込の手数料から入金出金まで徹底解説

   

ジャパンネット銀行

会社概要

歴史

1998年にインターネット銀行として三井住友銀行が設立。
当時、富士通と協業で開始した。

その後、出資を受けた。
ライバルとしては楽天銀行がある。
2014年にはヤフーが持分法適用会社となった。
ヤフーと三井住友銀行の子会社となっている。

純利益はまだ30億円に届かないレベルとなっている。
ヤフーが40%出資をすることで今後大きなヤフーとの連携が期待をされている。

格付けを日本格付研究所が付けています。
A+と非常に良好な格付けで、安心して使えるネットバンクと言えます。
> ホームページ

アプリ

ネットバンクの一番良い点はアプリが充実をしていることです。
既存の会社は以前のシステムを応用しようとするので、
複雑な認証などがネックとなる可能性があります。

しかし、ネットバンクはこういったことがユーザー視点で作られています。

ヤフーの連結子会社化

この変更に伴い、ジャパンネット銀行の取締役の過半数をヤフーから派遣する。現在のジャパンネット銀行の取締役はヤフーと三井住友銀行が各3人、ほかの株主が1人だった。変更後はヤフーから派遣する取締役の数を5人に増やす。持株比率はヤフー41.16%、三井住友銀行41.16%の同率で変わらない。
引用元 ITPRO

ジャパネットがヤフーの子会社となり、ヤフーのサービス決済は便利になると思われます。
ヤフーを利用することが多いなら、おすすめの銀行です。

ファミマ出資

ファミマがEC事業での大きな発展のために行うことにしています。
今後、ジャパネット銀行を活用した話が発展しそうです。

両社は、ジャパンネット銀行の「Visaデビット付キャッシュカード」と、ファミリーマートの「ポイントカード」との一体型カードの発行および相互送客施策の検討開始し、関係者間での正式な合意を前提に、順次リリースしていく予定。
引用 ビジネス+IT

サービス

デビットカード


> ホームページ

ジャパンネット銀行は、2000年に日本初のネット専業銀行として営業を開始しました。しかし、その後ネット銀行も増え、店舗がない営業形態は珍しくなくなりました。“とがった”サービスによる差別化が必要な中で、10年2月、インターネット決済専用の「ワンタイムデビット」の提供を始めました。決済1回ごとにカード番号が変わる「カード番号使い切り」のサービスで、セキュリティの高さが特徴でした。
引用 ホームページ

デビットカードで引落するとTポイントが貯まります。
よって、人気が高いと思います。

ギャンブル


> ホームページ

競馬
競輪
オートレース
LOTO及びナンバーズ

これらを購入することができます。
オッズパークを利用すると簡単に購入ができます。

LINE問い合わせ

365日間24時間問い合わせが可能となりました。
どうしても訊きたいことがれば、どうぞ。
AIが対応をするので便利です。

> ホームページ

ヤフーかんたん決済


> ホームページ
ヤフオクで便利な決済ができるようになりました。
ジャパネット銀行口座を持つ、一つの理由でもあります。

Tポイント連携


> ホームページ

ポイントが貯まるということで、例えばファミマなどで使うことができます。
ヤフオクでも利用ができますし、ヤフー関連のサービスを利用するメリットが出てきます。

コンビニ

お引き出し 毎月1回だけ無料
2回目から162円

お預け入れ 毎月1回だけ無料
2回目から162円

残高照会 無料

セブン銀行を事例としています。
ジャパネットが少し違うのは、残高が多くないと
無料というサービスが初回しか受けられないというシステムにあります。

ATM

手数料などが預金3000万円を超えると無料になります。
振込手数料は、メガバンクとは比較をしても安いです。

コンビニATMが毎月1回は無料でも利用できます。
預金を集中すると利便性が増します。

Pay-easy

納税などのデファクトスタンダードとなったPay-easyを開始しました。

2017年10月2日からスタートしたサービス。
今後は、納税も含めてメイン口座として使えると言えます。

freeeやマネーフォワード API連携

MTクラウドやマネーフォワードとの連携ができるようになりました。

お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO :辻庸介、以下「当社」)は、自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』、ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』において、株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下「ジャパンネット銀行」)が提供する参照系APIとの公式連携を開始したことをお知らせいたします。
引用 マネーフォワード

freeeとも提携をして、色々な作業を種略。

従来、消込業務は請求データと入金明細とを目視で照合し、回収状況を1件ずつ確認するものであり、負担の大きな業務でした。特に、取引先や取引件数が多い事業者にとっては膨大な作業を要すること、さらに、取引先の名称と異なる振込人名義から入金がある場合や、複数の請求に対して合計額で入金される場合では、照合自体が困難となることから、消込作業にかかる時間が企業の本業を圧迫していました。

freee が5月に実施した調査によると、中小規模の法人企業が1ヶ月で消込業務に費やす時間は平均11時間以上かかっていることがわかりました。更に、その業務にかかる人件費から試算すると、消込業務による中小企業の経済的な負担は年間で1兆円を超える結果となりました。引用 freee

メリット・デメリット

メリット

振込手数料が安い
ヤフオクなどの決済手数料が無料
デビットカードを作れる
デビットカードで海外ATMで現地通貨を引き出せる

デメリット

コンビニからの現金引き出しが無料は月1回
ある程度の預金を預けないとメリットがない

 - 商品

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。